三日月の夜に 愛に恋

月語りと好き語りでお月愛

月子の家の話ー母の日の前にー



f:id:crescentmoon117:20210505082301p:plain




私は長女。四歳下に妹、九歳下に弟がいる。若い夫婦の初めての子どもが、この私。まだ若かった母にとって、癇が強く泣いてばかりいる私の育児は本当に大変だったらしい。まぁ、育児は若くなくても大変だけどね。こちらの思うようにいかないことだらけだし。




時は昭和の高度経済成長期。父は子育てを含め家のこと全てを母に任せきりにした。平日は仕事、飲み会。出張で留守にすることも多く、母は今で言うワンオペ育児をしていた。




子どもが二人になっても三人になっても、それは変わらなかった。私の中の父の記憶は、スーツを着て出勤する姿と、休日にゴルフから戻り、家でゴロゴロしてる姿。家族旅行とか、遊んでもらった記憶は殆どない。




四歳年下の母とは仲睦まじい夫婦って感じでは無かったかな。破れ鍋に綴じ蓋夫婦。何やかんや言っても二人が一緒にならなければ、私たち妹弟はこの世に存在しないわけで。感謝感謝。




🌗🌗🌗




サラリーマンだった父が、ある時脱サラし起業した。その経緯の詳細はわからない。でも私達の教育費が嵩む頃のこと。長く専業主婦だった母が看護師として働き始めたのもその頃からだったと思う。父の会社は羽振りの良い時もあれば、当然その逆もあり。




当時、進学の為上京していた私は、親がどんな思いで仕送りしていたのかなんて露知らず、遊び呆けてた。そんな時も、何とかやってこられたのは母のおかげだろう。




ーお父さんの会社が潰れようと、家を取られようと、命まで取られるわけじゃないからねー




母は、あっけらかんと笑った。




🌗🌗🌗




思えば母は、いつも誰かの世話ばかりしていた。同居こそしてなかったけど、明るい性格と職業的信用もあったのだろう。母は頑固で煩い義母に気に入られていた。義母と仲が悪かった実の娘(母にとっては小姑)や、同居の嫁との間を取り持つ役割を母は担っていた。




義父母を看送った後、暫くして私が結婚出産。母は若くしておばあちゃんになった。仕事をこなしながらも、産後実家に身を寄せていた私と孫の世話をしてくれた。その数年後、東京在住の妹が双子を妊娠出産した時も、母はスーパー助っ人となった。里帰り出産をした妹と孫たちを東京まで送り届けた直後、今度は切迫早産気味になった私の家へ通う日々となった。母がゆっくり出来ることはなかった。




よく、生まれ持ってとか、そういう星の下に生まれたんだよ、なんて表現を使うことがあるけれど、本当にそんな表現がしっくりくるような母だった。母は常に誰かの世話をするという星の下に生まれて来たような人だったから。




自分の姉の夫が病気になった時も、病院を探して付き添い、医師の話を聴き闘病を最期まで見守った。その姉が病気になったときも全く同じことをした。その姉の娘(母にとっては姪)が若くして癌だとわかった時も、最期まで彼女に寄り添っていた。自分の事より常に姪を優先して。それは義務などではなく心から姪を思ってのこと。私は、話を聴きながら思ったものだ。




よくもそこまで自分を犠牲にしてまで誰かに尽くすことが出来るなぁ。お母さんは、ずーっと誰かの世話をして生きてきたよね。だから、そのご褒美として皆んなに世話をして貰えるような、そんな最期になるんじゃないかな。だってさ、そうじゃないと割りが合わないよ全く。




姪っ子の初七日が終わった翌日、ようやく一息ついたと思ったその日、自分の夫(私の父親)が自分の目の前で脳梗塞で倒れたのだ。看護師だった母は、父に何が起こったのか、その瞬間に全てを理解した。もしも、母が誰かを世話する星の下に生まれたのだとしても、これはあんまりだ。母が可哀想だよ。あまりにも。




🌗🌗🌗




父が倒れてからもうすぐ九年になる。要介護5となった父は、お陰様で施設でいまも生きている。それまで散々苦労をかけ続けていた母に、一度も下の世話をさせる事なく今があるのは、とりあえずあの約束だけは父が守ってくれたからだと私は思ってる。




ーお母さんに、最期は迷惑はかけないよー



 
父が施設入所後も、洗濯や様々な差し入れや介助が必要となり、それなりに忙しくしていた母だけど、昨年のあのVirusにより施設訪問が出来なくなった。遠方に住む私や妹だけではなく、車で行き来できる距離に住む弟家族にさえも、会う事が難しくなった。母がずっと続けてきた役割がなくなった。





🌗🌗🌗





いつ頃だっただろうか。電話のやり取りで、薄々気がついていた。昨年、義父の葬儀の際には、完全に気がついていた。本人は、検査もしているし何も異常が無かったと言っていた。でも、異常がないわけがない事はわかりきっていた。




この連休中、義父の納骨で帰省をする事になり、隙間時間に母を病院へ連れて行くことができた。約一年ほど前、自分で自分が不安だった母が、脳外科を受診した経緯とその時に受けていた検査の結果を医師から聞かされた。




母は、一年前にすでにこの状態になっていた。それは私が危惧していた通りの診断だった。すぐに弟と妹に連絡した。二人は、年だから仕方ない、あまり触れないようにしようよ、なんて事を言う。




そうじゃないんだけどね。これから母に起こりうる事を想定しつつ、いつまで続けられるかわからない母の独居生活を支えるために、私たちが出来ることを考えていかなきゃならないよ。家族は、色んな覚悟をしなきゃならないんだよ。




弟は言った。つきこさんは怖いっすね。
妹は言った。あまり追い詰めないでね。




二人はきっとこう思っている。いろんな手続きや、面倒な話は長女の私がやるんだろうと。やるべきだろうと。二人は、あまり事の重大性を感じていない。




母は私に言った。




ー今はまだ誰かに迷惑をかけたりはしていないと思ってるの。でも、困ったことがあったら聴いてね。ー




そして、母は泣いた。




ーつきちゃんに、病院に付いてきてもらって本当に嬉しかった。ー




嬉しかったと言って、母は泣いた。不安だったんだね。一人で病院へ行くのが怖かったんだね。厳しくて怖かったけど、しっかり者でパワフルで、スーパーウーマンみたいな母は、もうそこにはいなかった。




その翌日。前日、医師が言った「一人暮らしをするのはギリギリのところですね。」という言葉を、母は全く覚えていなかった。




さぁ、長女つきこ、どうする。私に何が出来る?取り急ぎ、僅かな滞在期間中に出来たのは介護認定申請の依頼と、信頼のおける母の友人や親戚などに連絡をすることぐらいだった。





お母さん、もういいんだよ。お母さんは今まで十分すぎるほどにいろんな人を助けてきたんだからもういいんだよ。そろそろお母さんが、いろんな人に助けてもらう番が回ってきただけだよ。





私に出来ることは何でもするよ。何でかわかる?長女だから?うーん、少し違うかも。私がやりたいからだよ。お母さんもそうだったんでしょ?自分がしたいから、今までいろんな人のお世話をしてきたんでしょ。私には、その気持ちがわかるんだよ。





そして、なにより家族だからだよ。
長瀬智也も言ってたよね。





それは、そういうもんだからだよ。







f:id:crescentmoon117:20210505083846p:plain






これがリアル月子の家の話だ。

つきこのひとりごちーラオスニイッタイナニガアルトイウンデスカ?ー



f:id:crescentmoon117:20210425150917p:plain



 


もう随分と海外旅行に行ってない。この一年は、海外どころか国内すらの移動も難しい状況だ。その所為なのかな。自分では意識してたわけじゃないんだけど、気がつけば旅の本ばかり買っていた。でも、どれもこれもさほど興味をそそられるものはなかった。本を読んでいても、ここに行きたいなーと思う印象深いところがあまり無かったのだ。


 


本棚には新婚旅行で出かけたフィジーのガイドブックがまだ残っている。当時、今ほどメジャーでは無かったフィジー情報を集めるのはなかなか大変だった。ガイドブックの厚さは近隣国と合わせても約1㎝ほど。友人達の新婚旅行先は、ハワイやオーストラリア、ヨーロッパなどで、フィジーに行った話なんて聞いた事が無かった。





f:id:crescentmoon117:20210425150536p:plain





とは言え、誰も行こうとしないところをハネムーン先に選ぶなんて、天邪鬼な私達らしいでしょ。初めて訪れたフィジーは、まさに癒しの楽園で、別世界で、あたたかくて(暑すぎて)、いつの日かまた必ず訪れたいと思えるところだった。





f:id:crescentmoon117:20210425150517p:plain





実は私、他人様の旅行記が大好きだ。国内外問わず旅行先が決まると、素敵な場所やお店を探す為に色んな旅行記を読みまくる。





ガイドブックには載っていない穴場が見つけられるのも旅慣れた方のブログならでは。観光客向けのぼったくり価格とは違い、低料金で尚且つサービスの良いスパを見つけることが出来たのも、あるご夫婦の旅行記を長い間読み続けていたからだ。





恐る恐る訪れたお店で、ヘッドスパを受け、サロンでとても素敵な髪型にしてもらった時は、その旅の間に何度も通ってしまった。それもこれも旅行記のお陰。そこが安心安全なお店なことや、どのスタッフにやってもらったら良いかもわかっていたからね。





f:id:crescentmoon117:20210425150555p:plain





今、この本をまた読んでいる。小説ではなく、こう言った紀行文もとても面白い。何でもない日常だって、旅の記録だって、村上氏が書くとそれは物語になる。





f:id:crescentmoon117:20210425150613j:plain





ところで。旅って、行き先も重要だけど、誰と同伴するかも大切なポイントだと思う。結婚後は、家族旅行しかしていない。そして、私はこの先も家族以外の人とは旅は出来ない様な気がしてる。





寝食を共にする旅は、食べ物の好みが違ったり、お腹の空きかたが違うだけでも、ギクシャクしかねない。ずっと一緒に行動しているうちに、普段は気にならなかった細かい癖とか、お金の使い方だって気になるかもしれない。





どんなに気心の知れた友だちでも、旅行をすることを想像しただけで疲れてしまう。必要以上に気遣いしてしまうから。その点、夫婦だったら楽なんだよね。





自由気ままなひとり旅にも憧れる。ひとりで悠々と旅を満喫されている方を見ると、カッコいいなと思う。旅先で起こるハプニングさえも楽しめる余裕を持ってないとひとり旅なんて出来ないのかもしれないけど。私にはちょっとハードルが高いかな。





良い旅行記は、その街並や情景がはっきりと浮かんでくる。行った事も見た事もなくても。たとえ文章だけでも。いつでも好きなときに旅ができる。





あぁ、どこか知らない街に行きたい。大好きな路地を歩きたい。知らない土地で大きな空を仰ぎたい。澄んだ空気を思いっきり吸いたい。どこまでも続く海をいつまでも見ていたい。ぽっかりと浮かんだ綺麗な月を見上げながらお酒を飲みたい。





ちなみにこの本のタイトルは、ベトナムからラオスに行くと言った筆者に対して、あるベトナム人が発した言葉だという。





ラオスニイッタイナニガアルトイウノデスカ?





ちなみに私、ベトナムの街中で、何人かのベトナム人にこう聞かれたっけ。





Are you Korean?






ソレハドウイウイミデスカ?





まぁ、いいや。次はこれを読もうかな。










旅先では、はぐれたくないけどね。

月の裏で会いましょう

 

 

 

f:id:crescentmoon117:20210418074514p:image

 

 

 

一年遅れのツアーが始まった

 

 

神席になればお触りオッケー

 

 

ハグしまくりサービスタイム

 

 

そんなLIVEは今や幻の世界に

 

 

今回のショーはダンネンで残念

 

 

ツアーが無事終わる事祈るだけ

 

 

 

 

 

 

f:id:crescentmoon117:20210418074609p:image

 

 

 

 

生の声で聴きたかった

月の裏で会いましょう

 

 

 

 

見知らぬ場所であなたに会いたい

青く光る 月の裏側で

月の裏で会いましょう

 

 

 


みたくても

 

みようとも

 

 

月の裏側はみることができない

 

 

いこうとも

 

もがいても

 

 

月の裏側に行くことはかなわない

 

 

 

そこはまるで別の世界

会いたかったあの人に

 

 

 

そこはまるで月の裏側

会いたかったなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:crescentmoon117:20210418201415p:image

 

 

 

 

 

 

 

ミッチーに。

それは二ヶ月後のおたのしみー後編ー


f:id:crescentmoon117:20210414180433p:plain





前編ーそれはそれはしつこい話で失礼致しましたー





そんなこんなで最近重たいバッグがキツくなってきた私が好んで使ってるのが、こちらのブランドのバッグなのでした。






出会いは今から30年以上前のことです。初めて使ったのはバッグではなくて、父が旅行土産としてくれたお財布でした。それがとても使いやすかったのです。私は初めての海外旅行で、その直営店を訪れてバッグを買いました。嬉しくて旅行中からバッグを使い始めました。




冒険家でもある創設者ロバート・M・リー(通称ボブ・リー)が作る商品は、とても耐久性に優れています。アフリカの酷暑にも耐えうると言われてますが、私の手荒な扱いにもずいぶん長いこと耐えてくれました。




HUNTING WORLDといえば、象のロゴマークですよね。牙のない子象は、幸福のしるしであり、自由と蘇生のシンボルであると言われています。




f:id:crescentmoon117:20210410072616p:plain




また、2008年よりチャリティープロジェクトを開始し、ボルネオの生物多様性保全活動を支援しています。創設者の野生動物に対する深い敬愛の念が根底にあるからだそうです。




重たいバッグがしんどくなってきた私にとって、軽いバッグはとても重宝しているのですが、先日ある案内を見て大層驚きました。




「世界にひとつだけのバッグを
お作りになってみませんか?」




パーソナルオーダーです。自分だけのバッグ。私だけのバッグ。つきこだけのバッグ。バッグ、bag、バッグ…。





こんな形のバッグです
f:id:crescentmoon117:20210411074102j:plainHUNTING WORLD公式より引用





なんと私の好きな色がいっぱいです。色見本を見ると、これぞHUNTING WORLD!と言う限定カラーが他にも数種類ありました。しかもオーダー特典として、バッグと同色のミニポーチがいただけると言うのです。




なんだかワクワクしてきました。そうなんです。バッグを選ぶときって、なぜかワクワクするのです。バッグ好きの方には、このワクワクが理解して貰えると思うのですが…。




ボディの色、裏地の色、ストラップの色、ハンドルの長さ、金具の色、箔押し名入れ、文字の色が選べます。私の頭の中では、既に何種類もの私好みのバッグが出来上がっています。




悩むのは色です。いくつも買えれば良いけれど、それは無理な話。それはそうと、覚えてる方はこう思うかもしれません。確か月影はBARにいない●●に100●ンものヘソクリを使ってしまったじゃないか!もうヘソクリなんて無いのに大丈夫なのかと。




安心してください。とにかく明るい月影は少し前から林檎時計が欲しくて、ある方法で毎日お金を貯めていたのです。(この話はまたいつの日か出来たらいいなって思ってます)今回は林檎時計を辞めてバッグを買うことにしました。散々迷った私ですが、これだと言う色を心に決め、お店へと向かったのです。





🌙*゚🌙*゚🌙*゚





ところが、実際に見本のバッグをいくつか見せて貰うと心が揺らぎました。イイなと思っていた色味が実際は思っていたのと少し違う色だったり、そうでもないと思っていた色がとてもイイ色に思えてきたのです。





そんな私が最終的にオーダーしたバッグは何色だと思いますか?知りたいですか?おばさんの持つバッグの色なんてどーでもいい話ですよね。結果、当初決めていたのとは全く違うバッグになりました。笑




ショップの女性店員は言いました。




「どなたともかぶらないかと思います。」





バッグにはネームを入れることが出来るそうです。見本を見ていて閃きました。私は自分のイニシャルと一緒に、-1965-と言う数字を入れることにしました。HUNTING WORLDと私の生まれ年です。色はゴールドです。




そこに深い意味など1ミリもありません。ただの思いつきです。いつも思いつきで行動する私らしくて良いではないですか。その思いつきを店員さんに伝えると、うあー、凄くイイです!と喜んでくださいました。




オーダーしたバッグが出来上がるのは約二ヶ月後です。二ヶ月後が楽しみです。いや、この二ヶ月間が毎日楽しくなりそうな気がしています。バッグのことを考えるとワクワクしますから。




思えば、母にも義母にも何度もバッグをプレゼントしてきました。いつもとても喜ばれました。米寿を迎えた叔母にバッグをプレゼントしたときも、それはそれは喜ばれました。そして、バッグをあげたときに喜ぶ顔を想像しながらバッグを選んでる私は、いつもとても幸せな気持ちになるのでした。





🌙*゚🌙*゚🌙*゚





ところで、ムーミンママの黒いハンドバッグの中には何が入っているかをご存知ですか?公式HPによるとバッグの中にあるのは…乾いたくつ下、お腹の薬、キャンディー、糸、塩など、いざというときに役に立つものが入っているのだそうです。ムーミンママらしいです。私のバッグには入っていないものばかりですけれど。





f:id:crescentmoon117:20210412213819p:plain





いつだったか、誰かが言ってた言葉に私は物凄く共感しています。きっと、世の中の女性のバッグには、これが入ってるんだなって、妙に納得したからです。





女性はきっと、いくつになってもバッグが好きなのです。彼女や奥さまが新しいバッグを欲しいと言ったとしても嫌な顔なんてしないでくださいね。間違っても「たくさんバッグを持ってるのに、また新しいバッグが欲しいの?」なんてことは、言わないでくださいね。





なぜなら、女性のバッグには・・・







f:id:crescentmoon117:20210411075139j:plain







たくさんの夢が詰まっているのです

それは二ヶ月後のおたのしみー前編ー



f:id:crescentmoon117:20210410054643p:plain





女性にとって、それは絶対に無くてはならないものだと思います。男性にだって、それに拘りのある人は多いと思うのです。私にとってのトータルコーディネートとは、それを含めてのことなのです。





いざ、出かけよう!という時、玄関先で「なんか違うなぁ」となってしまい、慌ててそれを変えることもあるのです。時間が無くて、それを変えることが出来なかったときなどは、妙に落ち着かなくてそわそわしてしまいます。




考えてみると、私の人生はそれ無くしては語れないと思わないでもないのです。なぜなら私は、どこへ行くにも必ずそれを持っていくし、それを持たずに出かけることなんてあり得ないからです。




それを持たずに出かけることを考えただけで、私は不安に襲われてしまいます。私にとってのそれは、すっぴんやノーブラノーパンで外に出てしまうのと近い感覚です。だって、それ無しでどうやって歩けばいいのでしょう。手のやり場に困ります。




なーんて、大袈裟にそれのことをつらつらとそれらしく語ってみましたが、私はただ単にそれのことが大好きなだけなのかもしれません。




お洒落だった従姉が亡くなる少し前に、こんなことを言いました。重たいコートが着られないし、それが重くて持てなくなってきたのと。姪である私の従姉と多くの時間を共に過ごし、最期の最期まで彼女に寄り添っていた私の母は、お洒落だけど軽いコートや、軽いそれを買ってあげていたそうです。




従姉が亡くなったときの年齢を既に超えてしまった私は、有難いことに今も健康で、重たいそれを持ちながら、そこそこの重量の荷物を持ってズンズンと歩くことが出来ています。両手に大荷物を持って歩いていると、かれこれ三ヶ月も続いている「世界一楽な筋トレ」なんかよりも、それはそれは運動になってるような気もします。




だけどこの数年は、私も革で出来たそれの重さをずしりと感じるようになってきたのです。持ち物の多さに加え、体力筋力低下もあるでしょう。「ざ・ろーかげんしょー」ですよね。




女性なら誰もが一度は憧れたことがあるであろう某ブランドのバーキンなどのそれは、それだけで約1キロはありますから、体力的なことや荷物の多い私にはもうそれを持つことは出来そうにありません…。いいえ、嘘です。私がそれを持つことが出来ない理由は、年齢や重さ問題ではありません。苦笑




そんな私がこの数年、また使い始めたそれは、あのブランドのそれなんです。以前使っていたのは30年ほど前ですから、それはもう一昔前の話になります。




何だか、やけにそれそれそれそれと連呼してしまったようです。それはあまりにもしつこかったでしょうか。ですが、もうそれのこと、おわかりですよね。




ムーミンママが、どこに行くにも肌身離さず持っている、それの話なのでした。




ですが、朝起きたらすぐにそれを持ち、料理をするときにもそれを持っているくらい、片時もそれを離さないムーミンママとは違って、私は家の中では流石にそれを持ち歩くことはありません。




でも…。私が朝起きて、自分の部屋からリビングにと来る時には、ムーミンママみたいにそれを持って起きてきます。私、ムーミンママにちょっとだけ似てるのでしょうか…。

 



で。





それの二ヶ月後のおたのしみの話なんですが、それはそうと随分と長くなってしまいましたので。








f:id:crescentmoon117:20210410103154p:plain







それは次回へとさせていただきます