三日月の夜に 愛に恋

月語りと好き語りでお月愛

音楽のこと

月はおぼろ 遥か遠く

私の目の前に、大きな波が現れた。だけど、私がその波から逃げることはできないみたい。 その波は、ある時突然と私の目の前に現れたの。つい先日、ここ数年私を悩ませていた荒波からようやく抜け出せるかもと、喜んだばかりなのに。これでようやく凪波だなと…

つきこの独り言〜クリスマスが今年もやってくる〜

クリスマスが今年もやってくる 北の国から雪の便りが届いた日 私にも冬の足音が聞こえてきた なかなか眠れなかったイヴの夜 目覚めると枕元にはプレゼント 家族で過ごすクリスマスイヴは やがて友だちや彼氏と過ごす日 大きなお腹で迎えたクリスマス いつし…

Rhythmic Moon ーΝew Moon in SagittariusーHappy new spin!

何やら期末テストが迫ってるのに、テスト範囲がわからない上に授業のノートも見つからずに途方に暮れている夢を見てしまった月影つきこです、こんばんは。 私はいったい、何に追われてる? 師走に入って、何かに焦ってる? 律動の月が始まった 律動 規則的に…

今宵の月のように〜 あ な た 〜

久しぶりに心震えた 歌声聴いて心震えた 久しぶりに心揺さぶられた その眼力に心揺さぶられた 気付かれないように必死だった こみあげてくるものが零れぬように 宮本浩次といえばエレカシ 浮かぶは今宵の月のように 貴さん&シズカクドウと、GACKT その出番…

前略、12月の道の上より

波が続く様に 時の刻みも 又続く 風も吹き止まぬ 時の刻みも打ち止まぬ 前略、道の上より 波が続く様に 時は刻まれた 気がついたら 歩くのも一人 聞こえてきた泣き声だけで およその月齢は想像がつく その姿を見たならばわたしは 一瞬で若かりし日の頃に戻る…

つきこの本棚じゃないところから〜それは夢か現実か〜

♬ 私は今 生きている ♬ 私は今 生きている ♬ FNS歌謡祭で「17才」を熱唱する森高千里と一緒に歌って踊って見せたのに家族にガン無視された月影つきこです、こんばんは。 (結構覚えてるもんですね ) 時を戻そう そうです。あれは今から16年ほど前のこと。 G…

12月はあのLoveSongを

三人の男子高校生がどやどやと電車に乗り込んできた。このご時世、車内はとても静か。聞くともなしに三人の会話は響き渡る。男子二人を育てた私が思うに、彼らはまだ声変わりしたばかり。体つきから見てもたぶん、高校1年生に違いない。 まだあどけなさが残…

MOON あなたは

MOON あなたは 知ってるの MOON あなたは なにもかも はじめてキスした日のことも 歌詞 NOKKO / MOON はじめてキスした帰り道 私を睨んだオレンジの月 門限気にして慌てる私に 全て見てたと月は嘲笑う MOON あなたは 知ってるの MOON あなたは何を知ってるの…

霜月の終わりに〜球根〜

宿根草のうち、根、茎、葉などの特定の部分に養分がたまって変形・肥大化してできた 貯蔵器官。Wikipediaより 球根 THE YELLOW MONKEY LIVE 文化の日東京ドームでの6曲目 球根 THE YELLOW MONKEYの球根が凄く良かった 何人もの方がブログに球根のことを書い…

その件につきましては、私の趣味なので見逃してください

Gacktのことを書くと読者が減るという摩訶不思議現象が起こるブログを書いております私月影つきこです、こんばんは。 まぁ、大体の理由はわかります。自分に興味が無いことなんて読みたくないですもの。もしくは、嫌いだったらたまったもんじゃない。 でも、…

いつかの月に見た ひこうき雲

感覚であれ、具体的な事象であれ、一瞬「あ」と思ったこと、一瞬強力に光ったもの。 その瞬間を鋭い刃物で切り取りすくい上げて、極度の慎重さをもって、歌に仕立てていく。 「瞬間を切り取る」 それがユーミンの歌。 酒井順子さんは語る。 キラキラと輝いた…

追いかけても 追いかけても 逃げてゆく月のように〜こんな時代に誰がした〜

メンバーがセンターステージに 観客はLIVE中声を出さない約束 声の代わりにドームに響く拍手 Good Night 数え切れぬ Good Night 罪を越えて その時、吉井さんの目が少し潤んで見えた 昨年の夏、友だちと約束をした 久しぶりに二人でLIVEに行こう 私が好きなG…

つぎの夜から欠ける満月より 14番目の月がいちばん好き

悲しいほどお天気だった今日 青空に伸びるひこうき雲を見た ここ最近、なぜだろう からだがユーミンを欲してる ユーミンとの出逢いは9歳のあの日 従兄の部屋でかかっていたレコード その歌詞の意味もわからず聴いた曲 バスルームに残した ルージュの伝言 そ…

月が落ちてきそうなほど ひくい空

空がとってもひくい 天使が降りて来そうなほど そう謳ったのは確か 松任谷のおねえさま ユーミンを聴いて 空を見上げたなら あらまぁ、ほんとに 空がとってもひくい 雲が掴めそうなほど 空がとってもひくい 厚い雲に隠れた月は きっと今頃こんな形 だって今…

月下の夜想曲

悪意と悲劇 それを意味するフランス語から 名付けられたと云われている MALICE MIZER クラシック要素を取り入れたロックサウンドは それは今までわたしが耳にした事がないもので 初めて目にした LIVE 映像は ゴシック・ロリータの衣装や 幻想的な世界観で圧…

暑すぎる八月の号外〜時間よ止まれ〜

昨夜、渾身の想いを込めて書き出した わたしの想い出の夏うた・・笑 あ〜わ までわたしの夏うたを並べてみた あいうえおの歌詞に繋げる為 数曲は無理やり感もあり・・ 夏のうたなのか?もあり・・ そこは見逃してやって下さい でも、書き終わってから頭にや…

暑すぎる八月だから 熱すぎる挑戦を

暑い 夏だから当然 でも、暑すぎる 夏だから仕方ないよね なんだか月も暑そうだし 夏のうたでも歌ってみる 以下は、わたしの中の【夏のうた】を、前にやったみたいにあいうえお順に並べてみたよー♪。.:*・゜♪。.:*・゜♪。.:*・゜ 前はこんな感じで あ あ…

8月6日〜しあわせってなんだろう〜

昨夜更新したブログは、私の色んな想いを込めすぎたからなのか、頭が興奮してなかなか眠りが訪れなくて困ったよ。笑 色んな記憶を手繰り寄せて書いた記事 そして、その記事の最後に書いた、広島から東京湾まで泳いでやってきたあの同級生(ただ年齢が同じと…

つきこの独り言〜1977.1978年への時間旅行のツアーはいかが〜後編〜

昨日の水瓶座の満月の後の今夜の月は、まだ丸くて、こんな色に見えています。今夜もツアーにご同行いただけると嬉しいです・・・。 前編はこちらです さて、私は1977年と1978年の年に、二人の男性アーティストにどハマりします。(以下、敬称略) まだ小学生…

つきこの独り言〜1977.1978年への時間旅行のツアーはいかが〜前編〜

高齢の方々と関わる仕事をしていた頃、いつも思っていたことがある。 今の季節も 自分が今いる場所も さっき食べたばかりのご飯も 長年連れ添った夫がいたことも 自分が産んだ子どものことさえも すべて忘れてしまうときがくるのかなって。 その反面、こうも…

宇宙の暦は13ヶ月〜時間旅行のツアーはいかが?〜

その出逢いがすべての始まり 宇宙自然のリズムと調和して 自分時間という心を取り戻し 流れは過去からだけではなく 時間は未来から波がくる事も 失敗を恐ず主体的に波を撰び 自分なりの解釈で自由気侭に 日付の意味を考え実際に動く それが時空の波乗りを楽…

つきこの戯れ言〜アンニュイな雨音と〜

深夜の 2時34分に新月になる。 空にはもう月は見えなかった。 なんかさー、月影さんて昭和のアイドルって感じっすねー。 働いていた頃、うんと年下のスタッフとお昼休みが一緒になると、よくからかわれたものだ。あんまりうるさいから『お昼休みマンモスうれ…

絶対に忘れられない 忘れちゃいけない 忘れたくない 忘れることなんてできやしない 〜わたしの6月22日〜

2002年の6月22日は 月齢11.1日の月でした 誰にでも絶対に忘れられない日がある 大切な人が生まれた日 大切な人と出会った日 大切な人を失くした日 憧れの人に触れてしまった日 会える事など無いと思ってた 憧れのあの人に触れたあの日 私が絶対に忘れること…

夜半(よは)の月と シキシキブンブーンなムラサキ

早いもので明日は上弦の月 貴女と会えなくなってから 月は幾度も満ちては欠けた 巡り逢ひて 見しやそれとも 分かぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな 紫式部 久しぶりに会うことができた友だちが あっという間に隠れてしまう月の様に すぐに帰っていなくなって…

月への語りは、月の光のその後で

人生いろいろって歌があった いまかがやくのよ 私たち いまとびたつのよ 私たち 笑いばなしに 希望がいっぱい 希望の中に 若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 昨日の記事を読んでくださりありがとうございました。誰か…

* ☪︎*。꙳☽・:*月の魔法* ☪︎ *。꙳☽・:*

月の魔法は〜 ♬ shalle a le rilla ♬︎ そう彼の人が謳うように 月には魔法があるみたい まだ大人になるまえに 魔法使いにあこがれた 魔法を使えたのならば どんな願いも叶うのに 月の魔法は〜 ♬ shalle a le rilla ♬ もう一度だけ叶うなら 手をつないでキミ…

MOON LIGHT

お願いだから 今夜はそばにいて とても一人で 夜を越せないから あの伝説のデュオの曲で一番好きな曲 いったいあの夏どれだけ聴いただろう MOON LIGHT ゆれて LAST NIGHT BLUES 大人びて眩しく見えた彼の人がよく歌ってた 背伸びしたい私は早くおとなになり…

月は見ていた〜between the Moon and New York City 〜

テレビをつけても スマホをあけても 不安を煽るものばかり 不安が増大するばかり 荒んだ気持ちが少し軽くなればと 視界に入るモノには気を配ろうと 気持ち落ち着く音楽聴いたり 綺麗なお月様の写真眺めたり 観ると俄然元気になるglee その中で懐かしい曲を聴…