三日月の夜に 愛に恋

月語りと好き語りでお月愛

眠れぬ満月の夜は、冒険に出かけよう。

f:id:crescentmoon117:20210526174841j:plain




以前、満月の夜は眠りの質が落ちる傾向にあるなんていう記事を読んだことがある。




睡眠時間は新月の夜に比べると平均20分短くなる――。




確か、その研究チームの実験によると、部屋から月は見えなかったにもかかわらず、満月の夜は睡眠時間が平均して20分短くなり、眠りに落ちるまでにかかる時間は新月の夜に比べて約5分長くなり、深い眠りに落ちている時間は平均で30%減ったという。





さらに、眠気を司るホルモンのメラトニンの分泌量を調べた結果、満月が近づくにつれ、メラトニンの分泌量が減ることが分かったそうだ。




🌕🌕🌕
     



満月が近づくにつれ、私のメラトニンが減っていたのでしょうか。数日前、私は全然眠れなくなりました。仕事の緊張が解れないところに、遠くにいる母の事を考えるとどんどん目が冴えてきたのです。




眠ろうと思えば思うほど眠くならないのです。ならばと、海外ドラマを観始めたのですが、一向に眠りは訪れず三話ほど観てしまいました。このまま行くと間違いなく朝です。bad morningです。




これは危険だと思って、yoga講師直伝の必ず眠れる脳の呼吸をやってみました。それも全く効果はありませんでした。いっそのこと、眠るのを諦めてずっと起きていようかと思ったけど、それはそれで翌日に悪影響がありそうです。




だから、久しぶりにアレを登場させることにしたのです。私は目を閉じて、久しぶりにアレの姿を思い描きました。





f:id:crescentmoon117:20210526175125j:plain






そうです。私は羊🐏を数えることにしたのです。
羊が一匹、羊が二匹、羊が三匹…。
ちゃんと一匹ずつ数えました。私の脳内には柵を飛び越えた羊たちが柵の向こうに集まっています。




途中、どこまで数えたかわからなくなったり、柵から逃げ出すと困るので、羊を10匹ずつ一つのグループにする事にしました。それには羊飼いが必要だと思ってペーターを登場させました。でも、よくよく考えてみたらペーターは羊ではなく山羊飼いでしたけど。笑




羊が50匹になったところで、突然に大好きなラム肉を思い出しました。羊の姿から、ジンギスカンやラムステーキや、ラムしゃぶの事を連想するなんて、私は残酷な人間ですね。でも、好きなんです。羊ヶ丘展望台で羊を見たあとに、ジンギスカンを食べた事を思い出しました。私は今日までたくさんの羊の命を頂いて生きてきたんだなと、胸が痛みました。羊さん、ごめんなさい。そして、ありがとう。大好きです。





そして、羊が80匹ぐらいになった時、突如この本の中にあった、ある質問を思い出しました。その質問は、私も兼ねてから疑問に思っていたことでした。




f:id:crescentmoon117:20210526180433j:plain




「羊男は人間なの?羊なの?」



私は、村上氏の小説の中で羊男が出てくると、いつもこんな男性を想像していました。それは、30歳を少し過ぎたくらいの男性で、羊の着ぐるみを着ているのです。イベントなどでも無いのに、実際にそんな人にあったら怖いですよね。おそらく通報したくなるかもしれません。でも、そこは小説の中なのでグッと堪えます。





村上氏の答えは以下の通りです。


羊男がいったい何であるのかは、僕自身にもよくわかりません。「半分人間で半分羊」という解釈もあります。「自分が羊であると思っている人間」という解釈もあります。「人間のかたちをとって出てきた羊のスピリット」という解釈もあります。ー略ー僕自身は漠然と「羊という病を背負い込んだ人間」ではあるまいかと考えておりますが、もちろんこれも選択肢のひとつに過ぎません。





f:id:crescentmoon117:20210526175501j:plain





🌕🌕🌕





私は、途中から羊ではなく羊男を数えていました。気味が悪くなりました。途中で村上春樹が羊の着ぐるみを着ている姿も出てきましたが、それは違うわと思い、頭をブンブンと枕に叩きつけました。さらに目が冴えてきました。




ゆっくりゆっくり羊を数えました。いよいよ、羊は100匹になりました。柵の向こうは羊だらけです。これだけ羊がいたら、暖かいセーターやラム革のコートやジャケットが出来るなぁと思いました。レザー好きの私ですが、中でも柔らかなラムレザーが一番好きなんです。




やっぱり私って酷い人間ですね。こんなだから眠ることが出来ないのかもしれません。子どもの頃から、眠りが下手くそだった私は、今までにも何度も羊を数えてきました。でも、100匹以上の羊を数えたことは一度もありません。なぜなら、必ず100匹を数える前に眠ってしまっていたからです。必ず眠れると自分で暗示をかけていたのかもしれません。




その日も、100匹数えたあと、私はもう羊を数えるのをやめました。そして、もう眠るから!と自分に言い聞かせて眠りにつきました。数えようと思えば数百匹ぐらいまでは羊を数えることが出来たかもしれませんが、どうしても100匹以上数える気にはなれませんでした。




次に眠れなくなったときは、この動画を観て眠ろうと決めています。羊は100匹では無く、9千匹です。どんなに眠れなくても、きっと私は9千匹まで数えることは出来ないでしょう。





【鬼龍院】安眠&不安な夜のために朝まで羊を9千匹数える動画10時間




今夜は皆既月食。そして今年一番大きく見えるスーパームーン




今夜眠れなくなったら、それは月のせいかもしれません。その時は出かけましょうよ。






f:id:crescentmoon117:20210526180029j:plain






羊をめぐる冒険に。